logo
TOP
 > 

【富士通】平均年収865万円|年収推移・業界・年代・役職別など徹底解説!

【富士通】平均年収865万円|年収推移・業界・年代・役職別など徹底解説!

公開日:
最終更新日:

【富士通】平均年収865万円|年収推移・業界・年代・役職別など徹底解説!

富士通株式会社は神奈川県に本社を置くIT業界・電気機器業界に属する企業です。

この記事では、富士通の年収について、「年代・役職別の年収はいくら?」「競合他社と比較して平均年収は高い?低い?」など様々な角度で分析していきます。

競合他社との比較や業界ランキングなども紹介しているので、富士通を志望する就活生だけではなく、電気機器を志望する就活生はぜひチェックしてみてください!

【2021年版】富士通の平均年収は高い?低い?

富士通の平均年収

富士通の平均年収

※ 富士通株式会社が発表している有価証券報告書を元に集計しています。


富士通の平均年収は865万円です。

国内の上場企業の平均年収は607万円なので、富士通の平均年収は高いことがわかります。

また、電気機器でみた場合の平均年収は651万円なので、業界全体の平均年収に比べても高い数値です。

上場企業における平均年収ランキングでは、富士通は全体で289位、電気機器内で17位となっています。

富士通の平均年収の推移

富士通の平均年収グラフ

※ 富士通株式会社が発表している有価証券報告書を元に集計しています。


富士通の過去6年間の平均年収推移を見てみましょう。

2021年度は平均年収が前年度よりも62万円高く

、5年前と比較して68万円増加しています。

また、電気機器全体で見ると、平均年収は5年間で16.6%上昇し、業界全体の平均年収が近年上がっている傾向にあることがわかります。

富士通で年代/役職別の年収はいくら?

富士通の年代別平均年収

富士通の年代別平均年収※ 富士通株式会社が発表している有価証券報告書厚生労働省が発表している賃金構造基本統計調査を元に独自に算出しています。


富士通の年代別の平均年収と全国の平均年収を比較して見てみましょう。

富士通に勤める20代の平均年収は576万円で、全国の平均年収と比べると203万円プラスとなります。

30代になると710万円で、20代の時よりも134万円プラスとなります。

さらに40代は836万円、50代では933万円となっています。

富士通の役職別平均年収

富士通の役職別平均年収

※ 富士通株式会社が発表している有価証券報告書厚生労働省が発表している賃金構造基本統計調査を元に独自に算出しています。


それでは、役職に就いた際の平均年収はいくらになるのでしょうか。

富士通では係長の役職で1073万円課長1402万円、さらに部長になると1691万円まで年収が上がることが分かります。

富士通のボーナスと基本給の内訳は?

富士通の平均ボーナス額

※ 富士通株式会社が発表している有価証券報告書国税庁が発表をしている民間給与実態統計調査を元に独自に算出しています。


続いて、富士通の年収をボーナスと基本給に分けて見ていきましょう。

富士通の年間ボーナス額の平均値は139万円となりました。

電気機器の年間ボーナス額の平均値が104万円であることから、

35万円程高い金額になっています。

一方、基本給は、月60万円となります。これは業界平均の45万円よりも14万円ほど高い金額です。

富士通の平均年収を徹底比較

ここまで、富士通の平均年収について詳しく分析してきました。しかし、企業研究を行っている就活生にとっては、他の電気機器業界企業の平均年収も気になりますよね。

ここからは、富士通の平均年収を競合他社と比較していきます。

また、電気機器業界の平均年収ランキングも紹介しているので、併せてチェックしてみてください!

富士通と競合他社の平均年収比較

富士通と競合他社の平均年収を比較すると下記になります。

企業名

平均年収

株式会社 東芝

866万円

富士通株式会社

865万円

三菱電機株式会社

796万円

キヤノン株式会社

759万円

シャープ株式会社

743万円

電気機器業界の企業平均年収ランキング

電気機器業界の平均年収企業ランキングは下記になります。

1位は株式会社キーエンス社1751万円となっています。

順位

企業名

平均年収

1

株式会社キーエンス

1751万円

2

東京エレクトロン株式会社

1179万円

3

ファナック株式会社

1098万円

4

ソニーグループ株式会社

1044万円

5

株式会社アドバンテスト

980万円

6

株式会社日立製作所

890万円

7

ルネサスエレクトロニクス株式会社

882万円

8

横河電機株式会社

880万円

9

株式会社 東芝

866万円

10

富士通株式会社

865万円

富士通の将来性を分析!

平均年収は、企業の経営状況に大きく左右されます。経営が安定していると、賞与の額が上がり平均年収が上昇する傾向があります。 

あくまで目安にはなりますが、将来性を考える際には、売上高純利益も確認しましょう。そうすることで、より具体的なイメージを持つことができるかもしれません。

それでは、富士通の過去6年分の売上高と純利益についてを見ていきましょう。

富士通の売上高と純利益の推移

※ 富士通株式会社が発表している有価証券報告書を元に集計しています。


2021年度における富士通の売上高19706.8億円で、前年度成長率94.2%でした。

5年前と比較すると、3.1%減少しています。

上場企業のみに絞ると、電気機器全体の売上成長率は1年で22.7%、5年で33.9%です。

その中でも、最新年度における富士通の売上高ランキングは、電気機器内で17位となります。

また、純利益1581.2億円となり、電気機器の純利益ランキングでは8位となります。

上記より、純利益の成長率は1年で86.8%、5年で86.8%となっています。

富士通の残業時間はどれくらい?

富士通の平均残業時間

厚生労働省が発表している女性の活躍推進企業データベースオープンデータを元に集計しています。


就活生の中には「平均年収が高い=残業時間が多いのでは?」と考える人も多いのではないでしょうか?

富士通従業員の平均残業時間は、1ヵ月あたり25.7時間でした。

電子部品・デバイス・電子回路・電気機械器具・情報通信機械器具製造業で働く従業員の平均残業時間は15.5時間のため、業界内では比較的残業時間が長いといえます。

まとめ

この記事では、富士通の年収について様々な角度から分析してきました。

年代や役職別に見た年収や、富士通の将来性など、富士通で働いた場合の年収の推移がイメージできたのではないでしょうか。

このサイトでは、他企業の年収情報や企業研究・業界研究について役立つ記事もたくさん掲載しています。ぜひ他の記事もチェックしてみてください!

監修者画像

監修者gen

1990年生まれ。大学卒業後、東証一部上場のメーカーに入社。その後サイバーエージェントにて広告代理事業に従事。現在はサイバーエージェントで培ったWEBマーケの知見を活かしつつ、CareerMineの責任者として就活生に役立つ情報を発信している。また自身の経験を活かし、学生への就職アドバイスを行っている。延べ1,000人以上の学生と面談を行い、さまざまな企業への内定に導いている。